• ホーム
  • オーダー家具について
  • ギャラリー
  • オリジナル家具
  • リフォーム・店舗什器

ホーム > 最新情報

ギャラリー

2015.05.29
引出しの前板
引出の内部が見えた構造のご要望がございました。
職人と相談し前板をアクリルで制作
問題は中箱と固定をどうするか・・・
「接着じゃねー接着剤が見えて綺麗じゃない」
「でも正面からビス打つのも美しくないしなぁ」
結論、正面から化粧された特別なビスを採用、このサンプルを持ってお施主様にみてもらいましょう
・・・NGだったらどうしましょ
 
2015.05.26
東京タワー
先日、東京タワー施設にてお仕事を頂きました。
夜間工事でAM0:00〜スタートだったのですが、早く到着してしまい付近をうろうろとしておりました。
上を見上げるとモヤ掛かった幻想的なタワーが見えました、全く画像は加工しておりません。
周りには人も殆どいません、何だか違う空間に入ってしまったかと思いちょっと怖くなりましたが
定時になり現場に戻り無事に作業に入り朝まで作業を手伝い・・・疲労困憊・・・
私は営業設計を担当業務としており工事に立ち会う事は少ないのですが、工場は納期に追われ残業・・
工事部は夜間工事当たり前・・・・
無理言っていつもすいませーんっ
 
2015.05.25
加工機械
DIYがお好きな方でしたらこの機械がなにかお分かりかと思います。
ホームセンターでカットをしてくれるところにあるものです。
これは「パネルソー」といい,板状の材料を真っ直ぐカットする機械です。
市販の材料も同じですが材料は正確な四角でなく、角も直角ではありません。
また端部は傷みやすいなどの理由から、材料には必ず「伸び代」があります。
DIYでモノ作りされる方もホームセンターで加工を依頼されるときは、「伸び代で捨て切りし直角を出してもらってから長さをカット」してもらって下さい。
このひと手間により仕上がりが断然変わります。
当社にはパネルソーが2台あり職人たちが材料の違いや仕上がりによって使い分けます。
刃は勿論特殊なので1枚数万円するので、定期的に研ぎに出します。
機械専用の刃を研ぐ職人さんがいるんですよ。
これらの機械は素人には触れません、機械を触っている職人には絶対に触れず、驚かせるような事も厳禁です。
非常に危ない物ですが、家具の制作には欠かせません。
職人曰く「機械は常に危ない物と思っていなければならないがビビっちゃいけない」
なるほど・・臆病な私は触りません!!
気を緩めると怪我をする、実際に怪我した職人も何度か見ました、事故があればそれは必ず大怪我になります。
これは木工機械に限らず車でも同じかもしれません。
 
2015.05.23
工場の改築
今年に入り、工場の加工機械が沢山増えました。
それに伴い、工場を大改造しております。
弊社はオーダー家具屋ですが、建築業の一環であり内装業として登録しております。
その為、必要な資格や大小様々な建築現場に入る為、家一軒を建てれる技術と知識はございます。
現在、作業場、倉庫、事務所、応接室、トイレを改装をほぼ新装しております。
通常では図面を書き、それを基に改装していきますが、工事部と家具職人が打ち合わせのみでどんどん進んでいます。
図面がなくとも建築にピッタリ真っ直ぐに水平、垂直を確保し使い勝手も考える。
家具職人かっこいいです。
図面を書いて給料もらう私の存在価値があるのか・・・
 
2015.05.22
専務の散歩道2
これも同じ場所です。 幻想的です。

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | >>